お知らせ
2017年06月24日

J-GREEN堺ご来場者数が500万人に到達

 サッカー日本代表の練習利用や大会などが多数開催され、国内外から幅広い年齢層の方に

ご利用いただいている日本最大級の施設規模を有するサッカー・ナショナルトレーニングセンター

「J-GREEN堺(堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター)」が、2010年4月1日の

オープンから8年目の2017年6月24日(日)に、延べ来場者数500万人を達成しました。

達成したことを記念して、本日当施設にてささやかなセレモニーを開催しました。

 

セレモニーでは、堺市長 竹山 修身・一般社団法人サッカー協会 専務理事 藤縄 信夫より、

500万人目の来場者である堺市の中百舌鳥サッカークラブ(小学生)の生徒約10名の皆様に

サッカーボール及び記念品を贈呈しました。今後もサッカーを始めとするスポーツの交流拠点として形成を目指して参ります。

 

 

森 由紀子代表は『500万人目になれて驚きました。天然芝のコートなど、

日本代表も使う素晴らしい施設であり、日本のサッカーの聖地でもるある

ここJ-GREEN堺が、小学生でも試合や合宿ができる最大の魅力です。』と、コメントし頂戴しました。

また、子ども達も『本田選手みたいな日本代表選手になりたいです』

『川島選手みたいなゴールキーパーになりたいです。』などの将来の夢を話してくれました。

 

 

« お知らせ一覧へ戻る