スタッフブログ

9月29日(土)にJ-GREEN SAKAI autumn CUP U-12を開催致しました。
本来、29日(土)・30日(日)の2日間に渡り開催を予定しておりましたが、台風24号の影響で29日(土)の1日のみの開催となりました。
今大会は、オーストラリアから1チーム、韓国から2チームの計3チームが海外チームという国際交流もできる大会として開催をし、募集開始後から滅多に経験できない大会ということから多くの参加申込をいただきました!

参加予定であった遠方のチームは台風24号の影響で交通機関がストップし、参加できない状況などもあり、非常に残念ではありましたが、大会当日は雨脚も強い中子どもたちは元気に駆け回っていました!
試合の間では、海外チームと日本のチームの子どもたちが戯れる姿もあり、悪天候の中ではありましたが楽しく有意義な1日になったのではないかと思っております。

J-GREEN堺では、今後も様々な経験ができるよう各カテゴリーの大会を継続的に開催し、今大会のような海外チームも参加した大会も開催できるようにと考えております。
是非、今後もJ-GREEN堺での大会に興味を持っていただき、ご参加いただければと思います。

最後になりましたが、今大会ご参加いただきましたチームの皆様、スケジュール・大会形式の変更や悪天候の中での審判のご協力、設営・撤去のご協力をいただき、有難うございました!

◆大会結果はこちら

 

 

J-GREEN SAKAI SPRING CUP
2018年4月15日

新年度になり最初のJ-GREEN主催の今大会。
どのチームも非常に見応えのあるゲームを行う大会となりました。
1日目は予選リーグ、2日目がその結果を受けたトップリーグとチャレンジリーグという形の決勝リーグで行われました。
その中で注目のゲームとなったのがトップリーグの最終節、YSC大阪と島屋SCの一戦。
お互い全勝同士で迎えた事実上の決勝戦となりました。
ピッチ名が「カンプノウ」と「サンシーロ」と名付けられた今大会で、赤黒のユニフォーム・YSC大阪と青黒のユニフォーム・島屋SCのミラノダービーさながらの一戦がカンプノウ・フィールドで行われるというJ-GREENならではのシチュエーションに会場のボルテージも上がります。
試合開始から両チームとも気持ちのこもったプレーを見せますが、決定的なチャンスを作れずスコアレスのまま後半へ。
後半も両者一歩も譲らずこのまま引き分けかと思われた残り1分…
コーナーキックを得た島屋SCがセットプレーのチャンスを生かし劇的な決勝ゴール!
ドラマチックな展開で島屋の優勝という形で大会を締めくくりました。

SPRING CUPの詳細な結果はコチラからご覧下さい。

今大会に関わって頂きました、各チームの指導者の皆様、関係者の皆様、保護者の皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。
これからもJ-GREENはサッカーファミリーをサポート出来るような大会を行って参りますので今後ともよろしくお願いします!

 

3月10日(土)にドリームキャンプにてアカデミー堺1期生の同窓会が行われました。
川淵 三郎キャプテンもご出席されたこの会は、集まった人数は多くなくとも卒校から3年振りの再会とあって話が尽きる事はありませんでした!