スタッフブログ

 

先週末11月26日・27日に亘りJ‐GREEN堺にてSAKAI WINTER CUPが開催されました。

参加チームは地元大阪からは7チーム、京都からは6チーム、岡山からは2チーム、兵庫からは1チームと

関西を中心として計16チームが集まりました。

今回はU-11の大会に加えて初の試みとなる特別イベント、Free Style football Unit【RAPAZ】による

パフォーマンス&クリニックを実施致しました。

パフォーマンスは参加選手だけでなく保護者や引率コーチも食い入るように見入っておりました。

img_2375img_2407

img_2428img_2426

大会初日は暖かくサッカー日和で予選リーグが行われました。

2日目は、悪天候の中順位決定トーナメントが行われました。

決勝戦は、J‐GREEN堺主催大会において数多くの優勝経験があるDREAM FC、

対するはJ2セレッソ大阪のスクール、セレッソ大阪エリートクラス。

img_2839img_2850

img_2842img_2856

前半DREAM FCが先制し折り返します。後半セレッソ大阪エリートクラスが追いつき1-1となります。

大会規定により、3人制のPK。先行はセレッソ大阪エリートクラス、後行はDREAM FC。

セレッソは3人目まで確実に決め、DREAMは3人目が残ながら外し試合終了。

優勝はセレッソ大阪エリートクラスとなりました。

2日間に亘り参加して頂いた選手・指導者・保護者の皆様、

その他ご協力頂きました多くの皆様方 本当にありがとうございました。

SAKAI WINTER CUP 最終結果

※Free Style footballとは、サッカーから派生したスポーツで、リフティングや

ドリブルなどのサッカーの技術を飛躍させて、魅せるものにした文化です。

グリーンな便りです。
2016年11月18日

J-GREEN堺が誇る、天然芝情報です。

この度、S1メインフィールドの芝の切り替えが終わりました。

夏芝から冬芝に切替わり、保温の為のシートも取れ、更にデザインカットも施されました。

足腰に負担が少ないクッション性のある天然芝が完成です。

J-GREEN堺では WOS(ウィンターオーバーシード)という方法で常緑を、保っております。

WOSとは、冬に枯れてしまう夏芝の上から冬も緑を保つように冬芝の種をまいて1年中芝生を緑にすることです。

常緑のフィールドを提供できるよう日々ケアをしている芝管理スタッフにも、是非ご注目下さい。

皆様のご利用を 両手ならぬ葉っぱを広げてお待ちしております。

img_2303img_2279

YANMAR FUTURE’S CUP 2016が無事2日目も無事終了致しました。

本日は順位決定トーナメントが行われました。午前はJ-GREEN堺にて行い、

3位決定戦と YANMAR EXCITING MATCH※と、決勝がヤンマースタジアム長居にて行われました。

 

YANMAR EXCITING MATCHは、選手の胸にウェアラブルな小型のカメラがつき、

走行距離などや位置情報を測れ、選手の特徴が解り、応援や解説も数字で見られる事が出来ました。

 

決勝戦は、蔚山現代ジュニア VS フォルテFCとなりました。

韓国Kリーグに所属する蔚山現代FCの下部組織の蔚山現代ジュニアということもあり個人技があり優れております。

対するフォルテFCも2016年度のフジパンカップ関西大会3位入賞など、強豪チームです。

ボール支配率で上回る蔚山現代ジュニアは何度もゴールを打ち込みますが、GK西野選手が守ります。

1対1で前半を折り返します。

後半堅い守備の一瞬の隙をついた蔚山現代ジュニアが決勝点を決めます。

フォルテFCも懸命に同点弾を狙います。会場にいた他の参加チームも大声で応援しつづけます。

終了の笛が鳴り響き、2-1で蔚山現代ジュニアの優勝となりました。

大人も顔負けの試合を見せてくれて両チームには、他参加チームの選手・指導者・保護者などから暖かい拍手が送られました。

 

2日間に亘り参加して頂いた選手・指導者・保護者の皆様、御協賛頂きましたヤンマー株式会社様

その他ご協力頂きました多くの皆様方 本当にありがとうございました。

未来を作る子供達の輝かしい挑戦や成長を願いつつ、大会事体も挑戦と成長をして行きます。またお会い出来る事を楽しみにしています。

 

▼大会結果は下記PDFをダウンロード▼

YANMAR FUTURE’S CUP DAY2 Results

 

img_1746img_1753

img_1763img_2025

img_2020img_2012

 

※YANMAR EXCITING MATCHは、「未来のサッカーに挑戦する」をコンセプトに、

サッカーにおける新たな技術を活用したエキシビジョンマッチです。“リアルタイムデータビジュアライゼーション”システムを

U-12世代の大会で日本初導入し、走行距離やダッシュ回数など試合中の選手データをリアルタイムで

オーロラビジョンに表示。エキシビジョンマッチへの参加選手は、ベスト4に残れなかったチームから各1名ずつ選出。

雲一つない秋晴れの中、YANMAR FUTURE’S CUP 2016 の1日目が行われました。

今年は名前も新たになりました。加えて海外からも4チーム、沖縄からも1チーム

日本も愛知や広島からもご参加頂きました 総勢24チームが対戦する大変グローバルな

大会になって来ました!。

韓国からは、蔚山現代FC、蔚山現代ジュニア

タイからは、Assumption College

オーストラリアからは、Futboltecと

また沖縄からは、沖縄の米軍基地を拠点するアメリカ人チームの沖縄ディプロマッツユースFCが

参加して頂きました。サッカーから始まる小さな国際交流が、選手同士や指導者同士で見れました。

「未来に挑み続ける、サッカー大会」にふさわしい幕開けとなりました。

 

明日11/6(日)は本日11/5(土)の予選リーグの結果を受けた順位決定トーナメントと

エキシビジョンマッチとなります。J‐GREEN堺とヤンマースタジアム長居で行われます。

リアルタイムビジュアライゼーションシステム導入など、『未来のサッカー』にご期待下さい!

img_1502 img_1650

img_1674img_1673

 

本日11/5(土)の結果や明日11/6(日)の予定は下記PDFよりダウンロードをお願い致します。

YANMAR FUTURE’S CUP DAY1 Results DAY2 Timetable